おせち通販の登場

2008.10.11|おせち料理アラカルト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

少し前までおせちは、その家の味の伝統があるために

年の瀬に各々の家庭で手作りされるのが当然でした。



しかし、核家族化が進み、おせちを伝えてくれる人も減り、

また、働きに出ている主婦も増え、年の瀬まで忙しく、

おせち作りをする時間もなく、

コンビニは、休みなしに元日から開いていますし、

スーパーや百貨店も2日には営業をしていますので

保存食であるおせちを作らなくてもよくなり、

そして食生活の欧米化が進み、煮物などが多い、

おせちは若者を中心に敬遠されるようになりました。



このようにおせち離れが進んでいたのですが

数年前から百貨店でおせちが売り出されるようになり、

家庭でおせちを作らなくてもおせちが楽しめるようになり、

そのおせちも通常タイプのものだけでなく、

料亭とのコラボによる高級おせちや一人や二人でも

食べきれるサイズのおせち、今では普通ですが

洋風おせちなどの変わり種おせちが登場し、

家庭でおせちを作らなくても正月におせちを楽しむことが

できるようになりました。

そして冷凍技術の向上や宅配の充実、

インターネットの普及などもあり、

最近ではネット通販でおせちを楽しむ家庭も増えてきて

おせちは正月の保存食や祝い膳の意味合いから

正月というイベントを楽しむパーティー料理としての

役割を担うといった風に変化してきています。



こういったこともあり、最近ではおせち離れに歯止めがかかりつつあり、

正月=おせちという図式も復活しつつあると言えるでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。